読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜が静寂を取り戻す頃

日記 << 考えや感情. 外に発散する場として. たまに備忘録

【読書】 重力ピエロ 伊坂幸太郎

www.amazon.co.jp

春が二階から落ちてきた。

から始まる、春と遺伝子と家族と落書きと放火の話。全編を通して穏やかに時間が流れていた。

何が気に入ったのかわからないが、とにかく気に入った。この本によると、気休めは意味があるらしいし、犯罪は結果だけを見ては裁けばいいし、罰は罪と同じだけ与えればよいらしい。重力をものともしないピエロのような爽快感の片鱗を感じることができた。

満足度 4/5